2008年05月14日

ラブ飼いは Part2

夕方の散歩は小高い丘にある大学をぐるーっと一周して
海に沈む夕日をみながらテクテクと約4キロの道のりを歩く。
山あり谷ありのものすごい道だけど、
これがかるびにも良い運動になるかなと思っている。

昨日、大学の横を通ったとき、
これまた後ろからつけてくるやつが…
右側の歩道を歩けば右に、左側の歩道へ行けば左にと
どー思ってもストカじゃんって感じだった。
そして彼女は私たちの前へやってきて
「触ってもいいですか〜〜〜」と言い出した。

彼女はここの大学生。兵庫から来ているそうだ。
実家には太い黒ラブがいて、
やっぱりラブを見るとどうしても触りたくなるんだそうな。
彼女が触っていると、あっと言う間に女子大生がかるびの周りに集まり
みんなにナデナデしてもらった。

夜遅くに帰ってきた夫に話すと
明日からの散歩は自分が行くと言った。
下心、ミエミエじゃんか。このアホンダラ!!

ニックネーム karubi at 00:00| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする