2007年12月19日

避妊しないことのストレス

2007.12.19.jpg

犬はヒートがくると、
二ヵ月後には出産するというプログラムができている。
必ず体内に子供を宿し育てるという行為が正常であるから
人間によって妊娠させないことのストレスが
擬似妊娠という形で表れてくる。

10月にヒートになったかるびは
そろそろ生まれてくるはずの子のために
せっせと巣作りをするようになった。
ソファーカバーをひっぺがしてくるくるっとまるめ
その片端を抱くようにして眠るのだ。
しばらくするとお乳が張って出ることもある。

避妊させない結果のストレスを考えれば
若い頃に手術を受けさせた方がいいのかも知れないが、
もしかるびと一緒に時をさかのぼることができても
私はやはりそれを選ばないと思う。

ニックネーム karubi at 00:00| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
うちは11月の終わりごろがそうでした。彼女もストレスなんでしょうが、接する私のほうも、こんなものだとわかってはいても、毎度泣きたいぐらい切ないです・・。
私の場合は、避妊手術に対していまだに迷いがあるから余計なのかも。
Posted by たま at 2007年12月19日 20:43
★たまさん
こっちへ来て、あっちのブログとつながりました〜〜。しかし、イタリアンロールを買いに行くってすごい(笑)避妊は飼い主それぞれの考えがあって一番良いようにと願ってますよね。

私は自然のままで暮らさせてやりたいと思ったから避妊しなかったんですが、妊娠しないことは自然ではないですもんね。このストレスは切ないです。
Posted by karubi at 2007年12月20日 08:37
うちでは先代犬は手術しました。長生きを願って。でも別の病気で亡くなり。。。
二代目サラはブリーダーさんが避妊手術はしないでくれというのでしてません。
もうすぐ3歳になるけどこういうストレスは感じてないようです。
まだまだ熟女じゃないからなのかなあ。
Posted by サラ母 at 2007年12月20日 11:13
★サラ母さん
避妊すると乳がんや子宮がんのリスクが少なくなるので避妊する人が多いんだけど、私の場合は避妊のことを考えて悩んで…で、今まできてしまった(笑) もう考えんでええ年だね。健康な体にメスを入れることが、ど〜してもできなかったのよ。
かるびも毎回擬似妊娠するわけじゃないし、固体差があると思うよ〜。だって9歳すぎてるかるびがなってるし(笑)熟女を通り越して…○女だし。。
Posted by karubi at 2007年12月20日 17:14