2008年01月01日

いのちの食べ方

そういう年齢になったのかも知れません。
たくさんの命を貰って私が居ることを考えるようになったのは…

子供の頃、食べることに感謝しなさいと言われていたけど
その根底が何か分からないでいました。
スーパーでトレイに乗っかっている肉片が
かわいい牛の命だとは知っていても、それが繋がらなかった。

今年からは、賞味期限の短いものを買おう。
私に与えてくれたものを粗末にしたくない。
そうやって暮らしていこうと思います。

「いのちの食べ方」という映画をどうぞ観て下さい。

ニックネーム karubi at 22:08| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
心、洗われます。

私も賞味期限切れになる前に、勤務先を変わってもう一仕事したいなあ。
Posted by ちはや at 2008年01月02日 09:53
☆ちはやさん
映画を知る前から気になってたんですが
これを知ってから「ああ、こういうことだったんだ」と思いました。
なが〜〜く生きてきて、今更気づくんですよね。
賞味期限が切れても、まだまだ食べれたりして(笑)
Posted by karubi at 2008年01月02日 22:00