2008年02月13日

徐々に復活?

2008.02.13.jpg

ナナままさんがかるびに会いに行って
その様子をメールと画像で送ってきてくださる。
日曜日には元気がなかったのでその心配がずっと続いていたけど
今日はミニチュアダックスちゃんに2回も喧嘩を売ったらしい。
そしてナナままさんのお顔もペロペロして
部屋に戻るのを抵抗したようだ(笑)

こうして離れていても、
様子を知らせてもらえる私はなんと幸せなことか。

がんばるぞ!! がんばるぞ!!
どなさんちのケリーちゃんのように、目指せ20歳

ニックネーム karubi at 17:50| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらでは、お久しぶりです。
前の獣医さんに疑問を持った気持ちよくわかります。
色々とおかしいですよね・・・。

ケリーもグレード2で脈管浸潤可能性大でしたけど、今は元気です。
院長先生はじめ、たくさんの方に助けて頂いたと思っています。
かるびちゃんはまだ包帯が痛々しいけど、よくなると信じています。

院長先生から、「この病院に通ってる肥満細胞腫の子で不思議と悪くなった子はいない。」と言われませんでしたか?
数年前その一言がとっても嬉しくて、希望の光に思えました。

その後「生きられるって言っても、30歳までは無理だよ。」と言われたのも、
なんだかおかしくて、くすっと笑ってしまいました。

傷が癒えたら、また一緒に遊びましょう〜。
Posted by どな at 2008年02月13日 23:59
★どなさん
この前はありがとうございました〜。
どなさんちで掲示板探したんですが分からなくて
お礼も言えずにすみません。
前の獣医師さんではとても頑張れませんでした。

かるびの肥満細胞は脈菅浸潤ありだったのですが
先生はそのことも含めて
「再発させない」とおっしゃって下さいました。
身体に負担をかけないように再発させないが信念だそうです。
こんな先生に診てもらえてありがたいと思いました。

かるびは徐々に元気になっているようです。
退院はもちょっとかかりそうですが
ゴールデンウイークには河原へいけたらいいなと思います。
また会って話し聞かせてください。
Posted by karubi at 2008年02月14日 12:56