2008年05月22日

2008.05.22.jpg

かるびは退院してしばらくした時から
ポロポロと涙を流すようになった。
入院中も面会に行くと涙の跡があったから
もしかしたら、退院前からその症状はあったのかも知れない。
目の炎症はそれほどなく、涙腺が詰まっているかもということだった。

やっかいだなあ〜。涙腺症だなんて。あっちが治ったら今度はこっち。
この前も院長先生から「この人はもう〜〜」と呆れられた。
院長先生は犬とは言われない。「この子」とか「この人」とかなんだよね。
だから病気の説明を受けているとき、なぜだか少しほっとする。

退院後、手作り食に自信をなくしてドライフードと半々にしていたけど
それが完全に手作りに戻してから急に涙を流さなくなった。
あら?!!っていうほどの驚きだった。
ドライフードが悪いというのではないが、
かるびの身体にはあわないのだろうと思う。

かるびの食事は気負うことなく出来るようになった。
新鮮なものを与えられる。これ以上の安心はないと思う。

ニックネーム karubi at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント