2008年09月24日

動物愛護週間

多くの人たちに関心を持ってもらえるようにと
期間を設けて作られた愛護週間。
この間の日曜日、スーパーへ買い物に行った際
保健所に収容されている犬や猫の写真展が開かれていた。

1枚ずつ写真の中の瞳を見て歩くと、ほとんどが首輪をつけていた。
ここに連れてきた飼い主を待っているんだろうな。

今はかるびのことで精一杯な私だけど、
いつか何らかの形でかかわっていきたいと思う。

ニックネーム karubi at 00:00| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
私の散歩友達が愛護団体でボランティアを
しています。
保健所にいってむごい現実を見にいった
話しを聞いたことがあります。

近所のホームセンターで売ってる子犬が大きくなっていくのがつらいです。
小さな命を粗末にしていないのかと・・・・。

Posted by はるまま at 2008年09月26日 18:56
★はるまま
かるびと暮らすようになってから
命の大切さを学んだ気がします。
保健所へは何度も縁があって
その時はどの子もみんな貰い手がみつかって
いい結果に終わったからよかったんだけど。

今回の写真には
悲しそうな目をしてる犬のケージには
「処分」という紙が貼ってあってね。
まるでその中にいるのが、命がないぬいぐるみのようだった。
Posted by karubi at 2008年09月29日 08:19
昨日の朝もボランティアをしてる友達がチワワ飼える人いないかな?と・・・。
結構 高くで売られていた子だと・・。
それも 二匹も。
友達も一匹でも多く助けたい一心で必死にがんばっているが、その子の家にも子猫が何匹もいて毎週 里親会で飼い主を探している。
いつまで続けたら終わりがくるんだろうと・・・いつも 言ってる。

私は今朝もはるに『おはよう』となでている。
家族なんだよね〜。
Posted by はるまま at 2008年09月30日 08:19
★はるまま
保健所にいる子を見てると、
どの子も助けたくなっちゃって、でも全部は無理。
だけど無理ということは、その子たちの死を意味するのよね。
保健所へ行くとそれが辛くて辛くて。

そうだよね。家族だよ〜。
私も毎朝言ってるよ。「かるび、おはよう。愛してるよ。」って
Posted by karubi at 2008年09月30日 12:56
何か私に出来ることはないの?
何もできないの?
いつもホームセンターの大きくなっていく子犬たちを見て、思ってしまう。

少し前、近所の盲導犬協会(横浜市)に私がボランティアで行ってた時、みんな賢そうだったけど、うちのはると比べると(比べないよね 普通・・・)はるは自由だ。
いったい、何が幸せなのか、幸せじゃないのか分からなくなるときがある。

かるびを見ていると幸せオーラが出てますよね。

なんだか、B型なもので自分勝手な事ばかり書いちゃってごめんなさい。
思いは篤いのです。
近くにいたら 語り合いたいですわ・・・(笑)
Posted by はるまま at 2008年09月30日 20:28
★はるまま
ホームセンターで売れなかった子ってどうなっちゃうんだろう。
生体はこういうふうに販売しちゃいけないよね。
でも子犬を買ってもまた仕入れる。その繰り返し。
もっともっと多くの人が命について学ばなきゃいけないと思うよ。

幸せはそれぞれ。感じ方もそれぞれ。
自由でなくても人と一緒なら幸せと感じるよ。

全てを自分で助けようと思っても無理。
だから自分ができることをしようと思うようになったよ〜。
かるびを幸せにすること。
他の子たちの幸せを祈ること。
そのために私ができることをするだけ。
Posted by karubi at 2008年10月01日 12:48