2009年03月13日

資格がない

昨日はかるびと散歩をしている時にたくさんの友達に出会い
あちこちで長い立ち話をするもんだから、
家に着いたときにはとっぷりと日が暮れて闇夜のかるび状態だった。
かるびの足を拭いて部屋にあげると
「ママやん、メシメシ、早くメシ〜〜」と
足もとのうるさくつきまとってくるこの時間が好き(笑)

今日、出会ったハスキーのテンダーは16歳。
まだまだ元気に歩いている。
大型犬でこの年で飼い主を引っ張るほどに元気で歩くってすごいことだ。
飼い主はかるびが大変だったことを知っているので、
出会うといつも様子を気にして声をかけてくれる。

その彼女が、友達が雑種を引き取ったんだけど
病院に狂犬病の予防接種へ連れて行ったら
犬がパニックになって飼い主の手を噛み、
腹を立てたそいつは獣医師にたのんでその場で殺処分したという。

信じられない。アホか、こいつは。
その子の命の重さと比べたら噛まれたことなんて「ヘっ!!」みたいなもんじゃないか。

テンダーの飼い主はそのアホに会うたび、
「あんたは犬を飼う資格なんてない!!」って言い続けたんだけど
またどっかから連れて来て犬を飼っているようだと話た。

そいつはなんで犬を飼うんだろう。
私はテンダーの飼い主に、そのアホに犬を飼う資格がないということを
ずーーーーーっと言い続けてねとお願いして別れた。

ニックネーム karubi at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント